マレーシアの公立学校

MOE johor bahru
うちの子ですが、あっという間に今は年長さんで来年小学校の年になってしましました。
日本でしたら住民票のある市町村からここに行きなさいと連絡があるかと思いますが、ここでは行きたい学校の事務所もしくは
MOE(Malaysia of Education) Office (写真)へ行って事前に登録をしてないと学校に入学できません。また校区というものが厳格ではないようですので有名な学校は希望者ですぐに一杯になり、ある程度の登録人数で定員の審査待ちになります。
その為にバーゲンではないですが、解禁日には徹夜で並ぶ学校もあるようです。(申請順、地元、親兄弟が出身等々の優先権はありますが、他にも色々と濃い関係があればですが....) 
基本は入学2年前から登録しなければならないのですが、なにぶん離れて暮らしているために2年先にどこに住んでいるかわからないということで去年登録しませんでした。
こんな場合でも日本なら引っ越し先の市町村からこの学校に行きなさいで済むかと思いますがマレーシアでは空いている学校を再び探さなければならないかと思います。
いずれにしても、去年とりあえずでも先に登録しておくべきだったと後悔しており、結局今の住所でどこかの学校を見つけておくことにしました。
マレーシアの公立学校は全部が国立なのですが、有名な学校は日本で言う国立か県立に相当、普通の学校が市立といった感じで、やはり有名学校の方が教育評価が高いようです。
マレーシアの教育は、卒業試験の結果次第で希望する上の学校へ進学できるシステムで、日本のように幼稚園児から入学試験を頑張るのではなく、入学後、生徒たちが卒業試験に向けて頑張っているようです。
そのために、親が少しでも環境の良い学校に入れるために席取りに全精力を掛けるというのもわからない事はありません。
スタートから乗り遅れてしまいましたが、私としては近くの学校が一番、とにかくちゃんと勉強してくれたら次にいくチャンスは
あるかと思っております。
ただ、一番の問題はこのマレーシアの学校は宿題が多いようで、宿題忘れると先生からの評価も悪く、内申書に響きます
その為に生徒たちの親は夜遅くまで宿題を手伝ってクリアしているとのことが日常茶飯事みたいです。
と言っても小中学校レベルなら、私でも解くのに問題はありませんが、しかしながらマレー語で書かれた問いとなると
問題の内容が理解できません(><) もうこれは致命的です。 算数・理科のような計算であれば感覚でなんとかなりますが、
国語・社会なんかは絶望的です。こんな状況ですので教育に関しては娘にはお父さんは居ないと思って、お母さんと一緒に
頑張ってもらうしかないです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。